熱門關鍵字

歌詞

錯誤回報

あなたが望むなら
この胸を射通して
頼りの無い僕もいつか
何者かに成れたなら
訳もなく
涙が溢れそうな
夜を埋め尽くす
輝く夢と成る
白い息は頼りなく
冬の寒さに溶けて消えた
あの日の重ねた手と手の
余熱じゃあまりに頼りないの
春はいつだって
当たり前の様に
迎えに来ると
そう思っていたあの頃
瞼閉じれば
夢はいつだって
正夢だと信じてたあの頃
あなたが望むなら
何処迄も飛べるから
意気地の無い僕もいつか
生きる意味を見つけたなら
愛と憎を
聢と繋ぎ合わせて
一生涯醒めない程の
荒んだ夢と成る
凍える夜空を
二人で抜け出すの
あたたかいコートを
そっと掛けたなら
あなたはいつだって
当たり前の様に隣にいると
そう思っていたあの頃
失くせやしない
記憶の雨が古傷へと
沁み渡ろうとも
あなたが望むなら
この胸を射通して
頼りの無い僕もいつか
何者かに成れたなら
訳もなく
涙が溢れそうな
夜を埋め尽くす
輝く夢と成る
記憶の海を潜って
愛の欠片を拾って
あなたの中にずっと
眩しい世界をそっと oh yeah
この愛が例え呪いのように
じんわりとじんわりと
この身体蝕んだとしても
心の奥底から
あなたが溢れ出して
求め合って重なり合う
その先で僕ら夢と成れ
あなたが望むなら
この胸を射通して
頼りの無い僕もいつか
何者かに成れたなら
訳もなく
涙が溢れそうな
夜を埋め尽くす
輝く夢と成る
正夢でも 逆夢だとしても