不只音樂,還有Podcast

在「MyMusic」App 開啟

熱門關鍵字
君に叱られた (キミニシカラレタ)

歌曲

君に叱られた (キミニシカラレタ)

歌詞

電車の中はうるさくて
知らずに声が大きくなってた
きつく聞こえたかもしれない
僕のどこが間違ってるんだ
トンネルに入る前にそう言って
暗くなった窓が気まずい
人の話聞こうとせずに
自分の答えを押し付けた
そんなに世界を狭くして
どうするの
僕は頭を殴られたようで
やっと分かった分かった君の存在
当たり前すぎて気づかなかった
そんな言われ方したことないよ
そばの誰かが庇ってくれた
分かった分かった自分のことが
愛がなければ生きてはいけない
大人になって初めてだった
いつもはあんな優しい君に
叱られた
ホームに降りた僕達は
続きを話す気もなくなって
少し距離ができたまま
人混みに埋もれてしまいそうで
僕は謝ることより先に
君と手と手を繋いだ
どこか足りないジグソーパズル
そっと互いに埋め合うのが
相手への思いやりとか優しさとか
それが
ごく自然な関係なんだって思う
なぜか言葉が言葉が
刺さってるのに
ずっと素直になれなくてごめん
言い負かされて悔しいけれど
一人きりじゃ何もできない
言葉が言葉が刺さってるのに
反論しても無駄な抵抗だ
プライドなんかどうでもいいよ
それより僕は君に叱られて嬉しい
愛は甘えられるもの
許してくれるもの
だからいつだって一方的だった
やりたいようにやっては
誰か傷付けてきたのか
例えば世界にたった一人の君には
叱ってもらいたい
分かった分かった君の存在
当たり前すぎて気づかなかった
そんな言われ方したことないよ
そばの誰かが庇ってくれた
分かった分かった自分のことが
愛がなければ生きてはいけない
大人になって初めてだった
いつもはあんな優しい君に
叱られた
僕を叱って
君が叱って
ちゃんと叱って
素直に聞けるから