歌詞

錯誤回報

眠れなくて窓の月を見上げた…
思えばあの日から
空へ続く階段をひとつずつ歩いてきたんだね
何も無いさ どんなに見渡しても
確かなものなんて
だけど うれしい時や悲しい時に
あなたがそばにいる

地図さえない暗い海に浮かんでいる船を
明日へと照らし続けてるあの星のように

胸にいつの日にも輝く
あなたがいるから
涙枯れ果てても大切な
あなたがいるから

嵐の夜が待ちうけても
太陽がくずれてもいいさ

もどかしさにじゃまをされて うまく言えないけど
たとえ終わりがないとしても歩いてゆけるよ

胸にいつの日にも輝く
あなたがいるから
涙枯れ果てても大切な
あなたがいるから

胸にいつの日にも輝く
あなたがいるから
涙枯れ果てても大切な
あなたがいるから

胸にいつの日にも輝く
あなたがいるから
涙枯れ果てても大切な
あなたがいるから

胸にいつの日にも輝く
あなたがいるから
涙枯れ...